ホーム > スケジュール > 第3回公開シンポジウム(東京大学)

第3回公開シンポジウム(東京大学)

2016年3月8日(火)に東京大学にて第3回公開シンポジウムを開催いたします.聴講(無料)を歓迎いたします.参加ご希望の方は,事前にメールでお申し込みください.

お申込先 symposium-nanoinfo@cms.mtl.kyoto-u.ac.jp
日時 2016年3月8日(火)10:30 – 18:00(受付 10:00-)
場所 東京大学 武田先端知ホール

プログラム

10:00 – 受付
10:30 – 10:40 領域の紹介
京都大学 田中 功
10:40 – 11:00 パルスレーザー堆積/原子間力顕微鏡複合装置の開発とTiO2 表面観察
大阪大学 阿部 真之
11:10 – 11:30 原子分解能走査透過電子顕微鏡法を用いた先進ナノ機能元素解析
東京大学 柴田 直哉
11:40 – 12:00 複合電子顕微分光と統計処理技法によるナノ領域分析の現状
名古屋大学 武藤 俊介
昼食
13:40 – 14:00 第一原理計算と機械学習による高精度原子間ポテンシャルの構築
京都大学 世古 敦人
14:10 – 14:30 高圧・高温プロセスを利用した構造‐機能相関の探求
物質・材料研究機構 宮川  仁
14:40 – 15:00 原子層制御による新しい材料機能探索
北海道大学 太田 裕道
ポスターセッション+Coffee break (80分)
16:30 – 16:50 耐環境性セラミックス材料のナノ構造制御と材料創製
ファインセラミックスセンター 北岡  諭
17:00 – 17:20 ナノ構造情報に基づいた新しい固体イオニクス材料の創出
-新規材料の発見に向けて

東京工業大学 菅野 了次
17:30 – 17:50 規整ナノ反応場の構築と機械学習による活性支配因子の予測
北海道大学 高草木 達