ホーム > 新着情報 > 柴田直哉准教授が第15回サー・マーティン・ウッド賞を受賞しました。

柴田直哉准教授が第15回サー・マーティン・ウッド賞を受賞しました。

平成25年11月13日 東京大学 柴田直哉准教授
第15回サー・マーティン・ウッド賞受賞

平成25年11月13日、柴田直哉准教授が第15回サー・マーティン・ウッド賞を受賞しました。授賞式は、英国大使館にて100名以上の参加者を集め盛大に挙行されました。

同賞は、英国のオックスフォード・インストゥルメンツ社より寄せられた寄附金を基に、日本で優れた研究を行っている若手研究者に対して、更なるインセンティブを寄与することを目的とした賞です。凝縮系科学(固体物理学、無機・有機固体化学、材料科学、表面物理など)において優れた業績を挙げた40歳以下の若手研究者に贈られます。受賞者には、賞状、賞金の他、英国のいくつかの大学への講演旅行の機会が与えられます。

受賞題目は「先端的走査透過電子顕微鏡の開発と物質科学研究への展開」であり、その卓越した電子顕微鏡・材料学研究が受賞対象となりました。平成25年12月4日16:30~18:00に東京大学小柴ホールにて受賞講演が行われます。

shibata-award-131113

 

 

英国大使のMr. Tim Hitchens氏(右)と柴田直哉准教授(左)