ナノ構造情報のフロンティア開拓ー材料科学の新展開

group結晶の表面,界面,点欠陥等に局在した特徴的な原子配列や電子状態=ナノ構造が,材料特性に決定的な役割を担う例は極めて多い.近年ナノ構造における個々の原子を直接観察し,その定量的情報を直接的に得るための実験および理論計算に格段の進歩があった.本領域研究の構成メンバーは,これら一連のナノ材料科学の研究において多くの先駆的な成果を上げている.本領域研究では,ナノ材料科学のフロンティア開拓にさらなる弾みを付けるとともに,獲得されるナノ構造情報を具体的な材料設計・創出に活かすべく,情報の統合化を強力に進める.このために,材料科学,応用物理,固体化学,触媒化学など様々な分野で世界に誇る成果をあげている若手・中堅研究者を中心としたメンバーが一体となって研究を進め,新しい材料科学の奔流を創り出す.

新着情報

2016/01/27第3回公開シンポジウムの申込受付を開始しました.
2015/09/25東京大学 柴田直哉准教授が、第5回永瀬賞最優秀賞を受賞されました.
2015/09/19平成28年度 公募研究説明会(名古屋大学)を開催いたします.
2015/07/28平成27年度若手の会を開催いたしました.
2015/01/27第2回公開シンポジウムの参加申込受付を開始しました.

スケジュール

2016/07/25-07/26平成28年度 若手の会 (つくば)
2016/03/08第3回公開シンポジウム(東京大学)
2015/09/28平成28年度 公募研究説明会(名古屋大学)
2015/07/27-07/28平成27年度 若手の会
2015/03/11第2回公開シンポジウム(名古屋大学)